お手入れ方法

毎日でも活躍させたいお気に入りジュエリー。お持ちのジュエリーのお手入れはどうされていますか?正しい方法で定期的にお手入れしてあげましょう。

ジュエリー別お手入れ方法

基本のお手入れダイヤモンドのお手入れパールのお手入れ色石のお手入れ

お気に入りのジュエリーを末永くご愛用いただきたいという想いから、お買い上げいただいた商品のサイズ直しや、切れたネックレスの修理などのアフターサービスを、万全の体制でお受けいたしております。
ご遠慮なくご相談ください。

また、モアのショップにて、ジュエリークリーニングサービスを行っております。
お立ちよりの際にはお気軽にお申し付けください。ショップサービスの一環ですので無料です。お気軽にお申し付け下さい。

ジュエリーモアへお持ち込みください。

各店の案内

基本のお手入れ

ジュエリーを身に着けて外した後は、すぐ拭くようにしましょう。
対象ジュエリー
ダイヤモンド、ルビー、サファイヤ、ガーネット、ヒスイ、ペリドット、ムーンストーン、アメシスト
※パール、トルコ石などの多孔質の宝石には、水洗いは変色のもととなるので禁物です。
準備するもの
洗面器・家庭用の中性洗剤・毛の柔らかめの歯ブラシ・乾いた柔らかい布、ぬるま湯(水でもOK)
手順
洗面器にぬるま湯をはり、中性洗剤をほんの数滴溶かして軽くふり洗ってください。
リングの爪やチェーンの留め金など細かい部分の汚れは、歯ブラシを使って軽くこすります。
排水溝に流されないためにも必ずためすすぎをし、柔らかい布でやさしく水分を拭き取ります。
ジュエリー専用ケア用品もございます。

シルバージュエリー専用のケア用品

金・プラチナ・ホワイトゴールド等のジュエリー専用のケア用品。

保管方法
ご使用後は、一つずつ小分けに柔らかい布に包み、硬いものとの接触を避けて保管してください。
1番安心なのは、やはりジュエリーケースです。
とくに持ち運びのできる、ポータブルのボックスはあるととても便利です。
たくさんの種類のケースがございますので、お好みのサイズ・デザインをお選びください。

ページトップへ

ダイヤモンドのお手入れ


ダイヤモンドは非常に丈夫な石ですが、もろく弱い一面もあります。
強度が高く、引っかきや摩擦には耐えられますが、一定方向からの強い力が加わると割れてしまうこと があるので、衝撃には注意してください。
また、油汚れや静電気によるほこりが表面につきやすいジュエリーなので、手や指などの皮脂や、化粧品の油などが付着しないよう気をつけましょう。 身に着けて外した後は、すぐ拭くように習慣付けるようにしましょう。

ページトップへ

パールのお手入れ

パールは、有機質の生き物なので、汗や汚れに弱く傷つきやすいのが特徴です。
着用後はシリコンクロスなどの柔らかい布でふき取りましょう。
化粧品やヘア剤などの酸が付いてしまうと変色の原因になります。
水道水にも塩素が含まれているので浸け置きは禁物です。

汗や油に弱いといわれているパールですが
お手入れがきちんとできていれば、年中ご使用していただけます。

ジュエリーモアでは購入時、パール専用お手入れクロスを
プレゼントさせていただいております。

また、パールの糸は長年の間にどうしても緩んできてしまいます。
珠と珠の間に隙間が出来たら、お取り替えのサインです。
使っていなくても糸はどんどんもろくなります。
3年に1回ぐらいのペースで行うことをおすすめします。

ジュエリーモアでは、パールネックレスの糸替えを承っております。
ジュエリーモア以外でご購入されたネックレスでもOKです。
お近くの店にご連絡またはご来店ください。

各店の案内

ページトップへ

色石のお手入れ

ルビー、サファイヤ
ルビー、サファイヤは、ダイヤモンドに次いでモース硬度が硬く、耐久性は色石ではで1番です。
熱や薬品にも強いので家庭でも手入れはできます。ダイヤモンドと同じく毛先のやわらかい歯ブラシと、中性洗剤で洗います。毛先を使い爪の間や裏側についた汚れをよく落としたら、ぬるま湯で丁寧にゆすいで柔らかな布で水分をふき取ります。
エメラルド
エメラルドは、意外にもろく、超音波洗浄器や熱に弱いので充分な注意が必要です。
家庭での手入れは、シリコンクロス等で汚れや指紋を取る程度にしたほうがよいでしょう。
トパーズ
トパーズは、硬度は高いのですが、横にひびが入りやすい性質を持っています。
ですからキズは付きにくいですけれども、ぶつけたり落としたりすると簡単にひびが入るので注意が必要です。
アクアマリン
アクアマリンは、キズに強く、割れにくい、どちらかというと扱いやすい宝石です。
家庭では毛先の柔らかい歯ブラシをお湯に浸し、細かく泡立てた石けんを使ってアクアマリンを磨きます。
毛先を使い爪の間や裏側についた汚れをよく除いたら、ぬるま湯で丁寧にゆすいで柔らかな布で水分をふき取ります。
ガーネット
様々な種類があるガーネットは、比較的硬度が高く、薬品や熱にも強いのが特徴です。
家庭ではシリコンクロスなどの柔らかい布で汚れや汗をふき取るとよいでしょう。汚れが目立つ場合は、毛先の柔らかいと中性洗剤でガーネットを磨きます。毛先を使い爪の間や裏側についた汚れをよく除いたら、ぬるま湯で丁寧にゆすいで柔らかな布で水分をふき取ります。
ただし、デマントイドガーネットだけはガーネット族の中でも硬度が低いので、取り扱いには注意が必要です。
トルマリン
トルマリンは、電気石とも呼ばれるように、摩擦や加熱で帯電しやすい宝石です。そのため、表面にほこりがつきやすいので使うたびに注意しましょう。シリコンクロスなどの柔らかい布で汗や汚れ、指紋をふき取るとよいでしょう。
オパール
オパールは硬度が低く、割れやすくて傷つきやすい色石です。
水分を含んでいるので熱や乾燥でもひび割れを起こしますから、調理の火にも注意しましょう。
超音波洗浄機も厳禁です。

ページトップへ